2020年11月号

  • 発売日
  • 2020年11月27日
  • 定価
  • 500円(税別)
  • 巻頭
  • 黒埼
  • 作家陣
  • ISIKI/貫井ゆな/相良ちえ/秋好/鴫原シキ

『人気俳優は憧れを独り占めしたい』 cut.1

黒埼

萩野 明希は、好きだった役者を辞めてデイレクターに転職して7年…
役者時代に芸能界のくだらない圧力にブチ切れた過去の復讐心を糧に、実力ある役者の芽は全て出したいと、自分にも相手にも厳しい熱意ある裏方になっていた。
そんな、厳しい様子から近寄り難い印象もある萩野に、熱いアプローチをかけてくるのが――
正統派イケメンで人気俳優の”白城 斗真”だった。
彼とは昔、打ち上げの飲みの席で酔いつぶれてしまい、一度だけ身体の関係を持ったことがある(たぶん)。
気まずくなるかと思いきや、それから何故かアプローチをされ続け、もう二度と白城の為にも同じ過ちを犯さないと思っていたのに……。

『世界は、君の透明』 act.6

ISIKI

高校3年生の春、オープンキャンパスへ訪れた景叶は、
映像サークルの撮影をしていた雪睦の演技に瞳を奪われてしまうーー。

『アパートメントコネクション』#002

貫井ゆな

灯は常に仕事ばかりの日常に仕事に辟易してた。帰宅するとライフラインが故障、絶望していると、外から他の住人の声が聞こえて…

『はじめまして、恋心』1

相良ちえ

大阪から上京し、そこそこ大きな会社に営業職で入社した姫条は、営業職が肌にあっていたのか仕事を完璧にこなし次々と大口契約を成功させていた。
そんなある日、また業界最大手との契約が成立し、会社の飲み会の席でも皆からチヤホヤされ、そのまま後輩の小井塚の家で飲み直すことに。
同郷で高校の後輩でもあり、いつも優しく仕事でも完璧なサポートをしてくれる小井塚に仕事の時とは違い、ついつい甘えてしまう姫条。
ふと、小井塚に好きな人がいるのか気になり、聞いてみるがはっきりした答えをもらえない…。
約10年、ほぼ毎日一緒にいるのによく考えたら小井塚のことをほとんど知らないことに気付く姫条。
「小井塚はどんな相手に恋をするのか」
気になり行動を監視していると、まさかの――…!?

『ヘタレと馬鹿たれ』1

秋好

「初恋はかならず報われないと誰かが言った」

長年、幼なじみである越井 大に片思い拗らせている木支 和良は、可愛い女の子に告白されてもいつも断っていた。
一方、そんな和良の気持ちに全く気づいていない大は、女子にモテることが羨ましい!彼女欲しい!といつもバカ騒ぎ。そんなお馬鹿な幼なじみの様子に、気持ちを告げる気がないながら一喜一憂させられ複雑な気持ちを抱える日々。
そんなある日、2人で合コンに参加することなり、何故かそのまま大をラブホへ連れて行き押し倒してみると…!?

長年片思いヘタレ×天然お馬鹿が織りなす、幼なじみ2人のもどかしい恋煩い物語

 

『この場所で暮らしたら』 home.3

鴫原シキ

大学生になり一人暮らしをすることになった和倉有希。しかし引越し当日、思わぬ所で同級生と再会、しかも相手は好きだった人で…